うなぎの骨がのどに!! 飲み込まずに病院へ‼

Pocket
LINEで送る

突然ですが魚の骨。のどに刺さったことありますか?
私は今までありませんでした。たぶん。おそらく。
それがそれが。ついに骨がのどに刺さるデビューをしちゃいました。

で、刺さりました、さあどうする?

結論を先に言うと、正解は病院へ行く。です。
行くべきは内科でも歯科でもなく、耳鼻咽喉科。
そうすると、こんな感じで抜いた骨とご対面する事ができます。

魚と言うかうなぎ。大好きなうなぎ。しかもまさかのひつまぶしでデビュー。ありえん。

それは土曜日、居酒屋でのこと。シメに出てきたひつまぶし。
刺さったことに気付いたとき、一番に思ったのが「うなぎで?しかもひつまぶしで?!」でした。

のどに骨が刺さった~と言うと、周りの反応はおそらくこう来るでしょう。

  • ご飯を飲みこめー
  • 食パンを飲みこめー

だもんで、私もまずはタレの付いたご飯をごっくん。でもまだチクチク。何度か飲み込んだけどダメ。
パンをふんわり丸めたヤツの方がいいよ~って言われたけど居酒屋にパンはない。
なんか同じ魚のよしみでお刺身でも飲み込んでみれば~といわれたので、この際なんでも飲み込めば“はずみ”で取れるんじゃ・・・と思いお刺身も飲み込んだけどダメ。

奇特な同行者がピンセット持ってるから覗いてあれば取ったげようか?と言ってくれましたが、さんざん飲み食いした口を覗いてもらおうだなんて思えなかったのでそれはパス。
骨が刺さったから死んだって人もいないだろうし、明日になったら取れてるよーとその日は就寝。

翌朝、やはりチクチク。しかも昨日より違和感が増しててしゃべるとイガイガ。
食事はできるけど、なんだか不快。
昨日試せなかった食パンを丸めて飲み込むってのも挑戦したけど、取れる気配なし。
雰囲気的にはのどの左側入り口近くにいる気がしたので、勇気をもって覗いてもらうも見えないとのこと。
自分的にはみえるくらい手前にあるようなイメージなのに。
夕方になると、食欲も失せてきた。その日は日曜だったので、病院も行けず。
なんかそろそろ心配になってきたので検索してみることになー。

うなぎの骨がのどにささってしまいました。 どうしたら取れますか? 困ってます。 – Yahoo!知恵袋

魚の骨がのどに刺さった時の対処法まとめ|自己責任でとる方法 – i6i6!

げ、病院に行くのがベストって書いてある。他のいろんなサイトをみたけど、やっぱり病院押し。
試した“飲み込む”系テクニックはよくないって書いてある。逆効果とまで書かれてしまった。
と言うことで、翌日病院に行くことを決めて就寝。

骨とともに過ごす3日目。
目覚めたときから絶不調。もう骨の雰囲気も感じられないくらい喉が腫れてました。声もカスカス。
もしかしたら腫れてるだけで、骨はもう取れてるのかも・・・と期待するも、この喉の痛みはあかん。
食事もままならず、仕事を終えて調べておいた耳鼻咽喉科へ。

診察室に入って、先生に事の成り行きを説明。
まずはのどを普通に覗いてもらいましたが、やっぱり見えないみたい。わかったのはのどの腫れと荒れ。
飲み込んだりいろいろしたのがあかんだみたい。

で、次に登場、内視鏡。しかも鼻から。そんなの初めて~。怖い~。
おあ゛ーと切ない鳴き声を出してたら「見つけたよ」と。
奥の方に刺さっていたので、取るのなら先ほど入れた内視鏡より一回り太いのを入れますが、どうしますか?と聞かれました。
先生曰く、子供でもやってるし、今度はもうちょっとしっかり麻酔もするよ、と。
でも取らなくても抜けてく可能性もあるので、ご本人さんに任せますと。

しばらく悩んで抜くことを決意。
ガーゼを鼻に突っ込まれて5分ほど放置。情けないし、怖いしで心が折れそう。
時間が来て、内視鏡を入れてもらいましたが、さっきの診察の時よりずいぶんラク。
太くなったという感じはなく、麻酔ってありがたいなーと。この時代でよかった。

太くなった内視鏡にはマジックハンドみたいなのがついてて、それでつまんで取ってくれました。
つまみ取った骨が上の写真になります。
思ったより長い骨が深く刺さっていたので、取ってよかったよ~と言ってくださいました。

骨が抜けたら今度は金額が心配に。
調べてた時に、内視鏡で取った人の診療費が7千円くらいかかったと書いてあったのを見たけど、どんなもんなんだろう…。
名前を呼ばれてお会計に行くと、金額2,640円!よかった!! 良心的!!

ん?手術代?あれは手術だったのか!!
どれどれ、と診療明細を見るとこんな感じ。

「簡単なもの」って・・・。
知らない間に人生初手術体験をしてしまった。

先生に伺うと、刺さってすぐ、のどの入り口に違和感を感じるくらいだったら、ライトで照らして覗いたら見えるハズなので、抜いてもらうといいよ~とのこと。
そうかーあの時、恥を忍んで覗いてもらったら・・・と激しく後悔。
今後、私の周りで骨がささった人を見かけたら、ぜひ覗いてやろうと思いました。

あ、そういえば、お医者さんのイメージってどんなですか?
白衣を着て、聴診器を首からかけて、頭に丸いCDみたいな鏡(額帯鏡)付けてる。。。なんて感じでは?
イラストとかで見ると、そんなドクターの絵が多くないですか?最近は少なくなったのかな?
あれ、頭に額帯鏡って耳鼻咽喉科の先生だけなんですよね。
以前、職場でその話を聞いて、へーと思ってたんです。
今回、診察中にそれに気づいて、苦しみながらもそれを思い出してしまった。
完全に余談でしたね。それではみなさんうなぎに気を付けて。

Posted from するぷろ for iOS.

Pocket
LINEで送る