長野1日目は安曇野で吹きガラス体験をしてきました

Pocket
LINEで送る

鈴鹿ICを10時に出発し、東名阪→名二環→名古屋高速→東名→中央道→長野自動車道と走って安曇野ICには14時ちょい過ぎに到着。高速料金は合計5,750円でした。ちなみに帰りは日曜の夜だったからか3,900円‼ 走る時間って大事だなー笑

お昼は長野でお蕎麦を食べると決めたので、恵那峡SAで栗きんとん大福で小腹を満たしてひた走りました。お天気も良かったので爽快でしたよー。

安曇野ICを降りて穂高駅を通過してまず向かったのは安曇野ジャンセン美術館。
美術館概要|安曇野ジャンセン美術館|安曇野アートライン 北アルプスの麓・安曇野の美術館

美術館が目当てというより、併設の「そばカフェ」がお目当て。スコーンも食べたいし〜とワクワク。もうおなかすいて倒れそう~。

なのになんとお蕎麦は売り切れ(´・ω・`) お昼までには来ないとダメみたい。きのこつけ蕎麦食べたかったナー。。。
施設案内-そばカフェ レイヨンヴェール 安曇野ジャンセン美術館

とりあえず気を取り直してスコーンを。美術館入場券とドリンクがセットになったものとスコーン単品で頼むとお得ですよ♪

私たちは空腹の余りお得セットに気付けなくて、スコーンセットを頼んでましたが笑
スコーンはプレーンとそば粉の二種類。サクサクしっとりで美味しい。生クリームだったのが少し残念でした。

気持ちいいお天気だったので外のテラスで食べようと思ったのですが、見たことない大きな虫がご登場されましたので、中へ引き返しました。ムシコワイ。

少しお腹も膨れたので、いざ美術館へ。

可愛い建物です。

ジャンセン美術館で絵を堪能し過ぎて疲れた(笑)ので、次はガラスを見に行くことに。

ジャンセン美術館から車で5分ほどの安曇野アートヒルミュージアムへ。
美術館概要|安曇野アートヒルズミュージアム|安曇野アートライン 北アルプスの麓・安曇野の美術館

中へ入るとここにもカフェがあるとのこと。ピザがとっても美味しそうだったので、吸い込まれるように入りました。食べてばかりだ。

イタリアンレストラン QUINDICI-15-(クインディチ) : イタリアンレストラン QUINDICI クインディチ[食べログ]

おいしかったよー。ぶどうジュースが濃くてシビれた!

食べた後は吹きガラス体験をしてきました。吹きガラスの他にもいろんなガラス雑貨を作る体験ができましたが、コルク蓋ボトルを作ることに。
安曇野アートヒルズミュージアム | AZUMINO ARTHILLS MUSEUM エミール・ガレのガラス美術館

受付で手続きを済ませて工房へ。さっきまでとは違って熱気が。

エプロン付けて大まかな説明を聞きます。

見本を見ながらどんなのを作るかを考えます。色はもちろん、泡を入れるとか入れないとか。しばらく悩んでグリーンの泡付きに決めたようです。

先生はつきっきりで教えてくれます。私たちの他に誰もいなかったからかなー?

前半は“吹く”のがメインなので、他のことは先生任せ。

後半は、口を広げたりなんだかんだで忙しい。先生2人がつきっきりでフォローしてくれるので安心。

ちょっとずつ何回も口を広げていきます。

だいぶ形になってきた!

作ったボトルは釜の中でゆっくり冷やすそうで、2〜3日後に郵送してくれるとのこと。ちらっと見せてもらったら、さっきまで赤かったガラスがちゃんとグリーンになってました。

そうこうしてたらあっという間に外が暗くなってました。長野の日の入りは早い⁉︎
半日だけでしたが、しっかり楽しめた安曇野アートラインでした。
またゆっくり来るよ!

Pocket
LINEで送る